Bar Rim shot

Just another WordPress weblog

Articles from 4月 2010



GW営業のお知らせ

早いものでOPEN致しましてから3ヶ月が経ちました。

お立ち寄り頂きましたお客様ありがとうございます。                                                                少しずつ店も変えていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

明日よりゴールデンウィークに入ります。                                                                    当店は第2日月に当たる9日(日)10日(月)に加え、                                                            8日(土)もお休みいただきます。                                                                        それ以外は毎日変わらず19:00~翌4:00最終入店で営業致します。

3名様以上のご来店もお待ちしております。

また、各種クレジットカードもお取り扱いいただけるようになりました。                                                    遅くなりご迷惑おかけいたしました。

自宅にて育てているミントを、GWより用意いたします。                                                           ミントといえば!?そうですあのカクテルですね。                                                               ケンタッキーダービーも近づいております。ぜひご賞味ください。

心よりお待ち申し上げております。

5月の生演奏のおしらせ

すでに梅雨入りを思わせる天気が続きますね。

さて、今月の生演奏は大盛況でした。お越しいただきましたお客様                                                       ありがとうございました。

5月の生演奏は15日(土)になります。

演奏者はアコーディオン奏者の大塚雄一さんです。                                                                http://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka/                                                                                                                      

大塚 雄一 プロフィール (2009年1月現在)
<ヴォーカル&アコーディオン&ギター etc.>幼少の頃のピアノレッスンをバックボーンに、大学生時代モダンジャズ研究会に在籍する。その頃よりキーボーディストとしてミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。 ‘91年、自己のグループ<SO-DA!>を結成。数々のコンテス トで優勝。’93年にはNHK-FMのセッション’93に出演。’94 年シングルCD発売。六本木ピットインなどを中心に、ライブ活動を 展開。メロディアスで暖かみのあるオリジナルナンバーは、ジャンルを 超えて多くのファンの好評を博す。

‘93年、パットメセニーのツアーでギルゴールドスティンが弾くアコーディオンに魅せられ楽器を購入。’96年、9月、第8回全日本アコーディオンコンテスト(大阪大会)に参加。朝日放送賞を受賞。

また同時期、スティールパン、アコーディオン、アコースティックギター、 のユニット<PAN CAKE>に参加。アコーディオン、作曲、編曲等を担当。 ブラジル音楽の要素を軸に、オリジナルやカバー曲など幅広い選曲で 独自のサウンドを確立する。

並行してアコーディオンを中心とした自己のセッションで新境地を開く。アコーディオンの音色を生かした、ジャンルにこだ わらない自由な表現が話題を呼ぶ。このユニットをベースとしたソロアルバム「ACCORDIANA」を’97年秋に リリースし、本格的にソロ活動を開始。

‘99年、歌を歌いたい、という欲求のおもむくままギターによる弾き語りのライブを始める。オリジナルをはじめビートルズ、ボサノバ、歌謡曲などレパートリーは多岐に渡る。都内ライブハウスなどで精力的に活動中。

2001年、ハピネスレコードのコンピレーションアルバム<TOKYO BOSSA NOVA>に参加。ボーカルによるオリジナル作品<それは夏の・・・>を発表。

その他二胡、フラメンコギター、TAPダンサー、童謡歌手、バイオリンとの共演など多彩なコラボレーションを展開中。

大塚さんは温かい人柄も魅力的な方です。                                                                   どうぞお楽しみに!

5/15(土) 1st 20:30~ 2nd 22:00~ 各30分                                                               ※ミュージックチャージはございません。

新入荷

先日はOPEN以後初休暇を頂きました。やはり休みの日はNIKUに限ります。というわけで目黒の闇市倶楽部へ。ホルモン三昧たまりません。

翌火曜は、休み明けの景気付けにも。ラーメン二郎目黒店。小豚ヤサイニンニク。もう完璧です。

今週17日土曜は生演奏が入ります。20:30~と22:00~の各30分ずつです。ミュージックチャージ等はございません。ぜひお待ちしております。

新しく棚を飾ることになったお酒を紹介します。

左:Distillery Collection  CAOL ILA 30 years                                                                         右:Ron Santiago de Cuba  Extra Añejo 20 años

シングルモルトファンにはおなじみ「カリラ」。個性の強いお酒を産むアイラモルトです。                                                   カリラらしいヨード香、潮の香りが強く、パワフルな1本。度数も57.6度あります。                                                      30年の熟成感も余韻の長さから十分に感じさせてくれます。加水することでより甘みも出ます。                                                                                         

この「ディスティラリー・コレクション」のシリーズは、蒸留所の個性が見事に出ているブランドです。                                           当店では、他にも「クライヌリッシュ27年」「プルトニー8年」がございます。

もう1本はキューバンラムのプレミアム品、「サンチアゴ・デ・クーバ」。この20年熟成の                                                  「エクストラ・アネホ」は、キューバ国内で祝祭用に作られた限定品です。                                                           キューバンラムらしい上品な甘さと見事な熟成感は、ブランデーを思わせます。                                                       モルトファンや焼酎通も楽しめる逸品です。                                                                             葉巻との相性も抜群です。ラモンアロネス「スペシャリーセレクテッド」といかがでしょうか。

旬の果物もイチゴ・甘夏・金柑・キウイをご用意しております。                                                                  我が家で育てているミントもだいぶ大きくなりました。GW頃には色々な「モヒート」をご用意できると思います。

本日も雨の中ご来店頂きましたお客様、ありがとうございました。

4/17(土) 生演奏のおしらせ

もう4月ですね。
車窓から見える目黒川の桜がきれいでした。
花より団子、もといお酒。
今週末はお花見予定の方たくさんいらっしゃるでしょう。
ぜひ2次会or3次会はたまた4次会に?お待ちしております。

今月より、第3土曜日に生演奏が入ります。
記念すべき第1回目のアーティストを紹介いたします。

4/17(土) 1st 20:30~21:00 2nd 22:00~22:30

【 大竹 研 おおたけ けん 】

ギタリスト。
2002年より沖縄唄者の平安隆のもとで4年間演奏する。
2006年より、台湾のワールドミュージックのレーベルTREESMUSICと契約、
以来、国境とジャンルをまたいで、ボーダレスに様々なミュージシャンと共演。
2009年秋に台湾にて初のソロアルバムを録音。
2010年夏、発売予定。

< 主な参加フェスティバル >
Migration Music Festival (台湾)
TFF Rudolstadt (Germany)
Riddu Riddu (Norway)
The Rhythm of The Earth Music Festival (Thailand)

< 主な共演ミュージシャン >
平安隆(唄 三線 沖縄)
川畑アキラ(唄 三線 与論島)
林生祥(sinner guitar  台湾客家)
萬芳(singer 台湾)
鍾玉鳳(琵琶 台湾)
Inka Mbing (singer, 台湾タイヤル族),
Urna (singer, Inner Mongolia)
Yerboli (singer, dombra, Kazakh)
Huong Thanh (singer, Vietnam) 
Ramesh Shotham (percussion, India)
Bob Brozman (guitar, USA)
Sameer Makhoul(singer, oud, Palestine),
Itmar Doari(percussion, Jerusalem),
Pekko Kappi (singer, jouhikko, Finland)
STri Cat (Holland)
Abib Koite(singer, guitar, Mali)

大竹さんは大学の先輩です。
学生時代からスーパーギタリストでいらっしゃいました。
当時はエレキギターでしたが、今はアコースティックギターが
メインだそうです。
COOLな外見ながら、情熱的な演奏を聞かせてくれます。

数年前に某先輩の結婚式で、ジャコ・パストリアスの曲を
演奏されていました。
緻密なテクニックに裏打ちされた熱いプレイに
涙がでそうになりました。
ぜひみなさんお楽しみに!