Bar Rim shot

Just another WordPress weblog

Articles from 8月 2012



夏季休暇のおしらせ

残暑が厳しい日が続きます。

今週より、一足早く秋を感じていただこうと「巨峰・梨・栗」をご用意しました。

ミントもまだまだ育っています。9月一杯は大丈夫そうです。

さて、今年は大変恐縮ですが夏休みを頂きます。

9/3(月)~5(水)の3日間です。

英気を養うべく南の島でのんびりして参ります。

8月の生演奏

連日暑い日が続きます。

暑さゆえの食欲不振を耳にします。今月は完熟バナナを用意しました。

バナナパワーで暑さを乗り切りましょう。

今月は2回目の出演、ジャズギタリストの小暮さんです。

8/18(土) 1st 20:30~ 2nd 21:45~

小暮哲也(ジャズギター):三浦剛司(ウッドベース)

***************************************************************************

小暮 哲也(こぐれ てつや)
1971年2月3日生まれ
血液型 O型

中学生のとき、ギターを始める。
フォーク、ロック、ファンク、フュージョン、プログレなど、さまざまな音楽に触れた後、ジャズに出会う。

チャーリー・クリスチャン、ウエス・モンゴメリーやジョー・パス、ケニー・バレルなどを代表とする偉大なジャズギタリストたちの演奏を聴くようになり徐々にジャズギターにのめりこむ。
その後、グラントグリーンの音楽と出会い、その歌心の魅力に惹かれていく。
岡安芳明氏に師事。

サラリーマンとして働く傍らギターをひたすら練習し、2005年6月プロへ転向する。
ホテルの音楽プロデュース、レジャー施設の音楽プロデュース、バンドコンテストの審査委員長をつとめたり、レストラン、企業のイベント、パーティー、ホテル、結婚式、などなど・・・千葉、都内、横浜のジャズクラブやライブハウスを中心に修行。

2010.12.15ホワッツニューレコードより待望のリーダーアルバム”Am I blue?”発表!
(岡安芳明プロデュース)

確かなオリジナリティとあのフレーズが融合、和製グラント・グリーンがデビュー
(Jazz guitar book誌より)

グリーンのスタイルを受け継ぎブルージーなフレーズを迷うことなく正攻法にシングルトーンで歌い上げる。
無駄な速弾きなどしないで一音一音じっくりと自分のフレーズで歌っているところが素晴らしく、ミディアムテンポのスウィング感は絶品。
(Jazz life誌より)

2011.3.20
小暮哲也カルテットplus岡安芳明NHKセッション2011に出演。
今、最も注目を集めるギタリストとして高い評価を得る。

 

三浦剛司(みうらごうし)

1975年8月27日、千葉県生まれ。
1994年渡米、’96年L.A MUSICIAN’S
INSTITUTEにてスカラシップを取得。
’99年帰国。その後、渡印3回。
’04年、第2回浅草ジャズコンテスト・バンド部門金賞受賞
現在、ジャズを中心に、ファンク、ヒップホップ、ハワイアン、タンゴ、カンツォーネ、レゲエなど、様々な音楽を都内中心に演奏活動中。

**************************************************************************

小暮さんのしっとりと聞かせるギターをどうぞお楽しみに。

※生演奏は毎月第3土曜日です

※9月の生演奏:9/15(土) 斎藤孝太郎(チェロ)