Bar Rim shot

Just another WordPress weblog

5月の生演奏のおしらせ

すでに梅雨入りを思わせる天気が続きますね。

さて、今月の生演奏は大盛況でした。お越しいただきましたお客様                                                       ありがとうございました。

5月の生演奏は15日(土)になります。

演奏者はアコーディオン奏者の大塚雄一さんです。                                                                http://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka/                                                                                                                      

大塚 雄一 プロフィール (2009年1月現在)
<ヴォーカル&アコーディオン&ギター etc.>幼少の頃のピアノレッスンをバックボーンに、大学生時代モダンジャズ研究会に在籍する。その頃よりキーボーディストとしてミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。 ‘91年、自己のグループ<SO-DA!>を結成。数々のコンテス トで優勝。’93年にはNHK-FMのセッション’93に出演。’94 年シングルCD発売。六本木ピットインなどを中心に、ライブ活動を 展開。メロディアスで暖かみのあるオリジナルナンバーは、ジャンルを 超えて多くのファンの好評を博す。

‘93年、パットメセニーのツアーでギルゴールドスティンが弾くアコーディオンに魅せられ楽器を購入。’96年、9月、第8回全日本アコーディオンコンテスト(大阪大会)に参加。朝日放送賞を受賞。

また同時期、スティールパン、アコーディオン、アコースティックギター、 のユニット<PAN CAKE>に参加。アコーディオン、作曲、編曲等を担当。 ブラジル音楽の要素を軸に、オリジナルやカバー曲など幅広い選曲で 独自のサウンドを確立する。

並行してアコーディオンを中心とした自己のセッションで新境地を開く。アコーディオンの音色を生かした、ジャンルにこだ わらない自由な表現が話題を呼ぶ。このユニットをベースとしたソロアルバム「ACCORDIANA」を’97年秋に リリースし、本格的にソロ活動を開始。

‘99年、歌を歌いたい、という欲求のおもむくままギターによる弾き語りのライブを始める。オリジナルをはじめビートルズ、ボサノバ、歌謡曲などレパートリーは多岐に渡る。都内ライブハウスなどで精力的に活動中。

2001年、ハピネスレコードのコンピレーションアルバム<TOKYO BOSSA NOVA>に参加。ボーカルによるオリジナル作品<それは夏の・・・>を発表。

その他二胡、フラメンコギター、TAPダンサー、童謡歌手、バイオリンとの共演など多彩なコラボレーションを展開中。

大塚さんは温かい人柄も魅力的な方です。                                                                   どうぞお楽しみに!

5/15(土) 1st 20:30~ 2nd 22:00~ 各30分                                                               ※ミュージックチャージはございません。

Comments are closed.