Bar Rim shot

Just another WordPress weblog

7月の生演奏

暑い日が続きます。

夏の定番カクテル、モヒートやフローズンカクテルをオーダーいただく

ことがここ数日でぐんと増えてきました。

今月の演奏は、バンドネオンの小川紀美代さんです。

これら涼しげなカクテルを片手に、アルゼンチンタンゴに

酔いしれるのはいかがでしょうか。

7/16(土) 1st 20:30~  2nd 22:00~

**************************************************************************

小川  紀美代 バンドネオン奏者

独学で奏法を学びつつ、2001年、単身ブエノスアイレスに渡る。
2003年アルゼンチン最大の音楽祭「コスキンフェスティバル」に日本代表として出演、                 2005年にはブエノスアイレス市大統領府博物館ホールほか4ヶ所の公式コンサートに参加。
2007年からは3年連続で韓国Asian
Improvisasion Art Exchange Mullaeに参加。
2009年にはアルゼンチン・サン ティアゴ・デル・エステーロにてJuan
carlos carabajal y
rejunteと共演し、「チャカレーラフェスティバル」に出演、現地レコーディングに参加する。
現在、アルゼンチンタンゴに限らず、CM音楽や劇伴への参加、演劇やダンス、映像、               現代美術などとのコラボレーションに積極的に取り組むほか、幅広いジャンルの                  ミュージシャンとのライブ演奏やレコーディングに参加している。
また、バンドネオンオーケストラ「蛇腹隊」を主宰するなど、後進の育成にも力を注ぐ。
国内外でも数少ない女性奏者。

*リーダーアルバム
•Tango Passion(2001年):アストル・ピアソラ作品集
•Junta
Brava!(2003年・クラシックカタログ社):古典タンゴ、フォルクローレ集
•Tangoloid(2006年・ジパングレーベル):宮野弘紀(Gt)吉野弘志(Cb)とのトリオ
•月ノ光(2007年・KAZANE
RECORDS):バンドネオンソロアルバム
•Cruz del Norte(2009年・KAZANE
RECORDS):バンドネオンソロアルバム
•Encuentro(2010年・KAZANE RECORDS):アルゼンチンタンゴ・フォルクローレアルバム

*************************************************************************

昨年リリースされた「Encuentro」はバンドネオン・ギター・ピアノのトリオですが

当店でもこのCDをかけますと反響がとても多いアルバムです。

どうぞお楽しみに。

※ミュージックチャージはございません。

※当日は混雑が予想されます。お席のご予約も承っております。

※出演者募集中です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

Comments are closed.